AGA(男性型脱毛症)とは一体どういう症状なのか?症状や特徴、治療方法など正しく理解しフサフサの毛髪を手にしましょう!

AGA(男性型脱毛症)とは

髪の毛を気にするリーマン
AGA(Androgenetic Alopecia)とは、「男性型脱毛症」を意味しています。
成人男性に多く見られる毛髪が薄くなってしまう状態のことで、近年の日本ではこの症状に悩む人が日々増加しています。

思春期を超えたあたりから生え際や頭頂部、あるいはそのどちらもの髪が薄くなってしまいます。

一般的には遺伝や男性ホルモンが原因となっていると考えられていて、薄毛や抜け毛が進行してしまうと頭皮が目立つようになってきます。

特徴として「進行する病気」となるので、何もせずにいると髪の本数は減り続けていってしまいます。
髪の毛のヘリを確認する男性

日本には約1300万人近くの男性がAGAとなっており、毛髪を気にしている男性は数多くいます。

「気にかけている人は800万人」
「何かしらのケアをしている人は700万人」
という統計もあります。

20~69歳までの男性の人口は約4200万人いるとされているので、約1/3がAGAとなっています。

つまり頭が薄い人のほとんどがAGAの可能性が高いと考えられます。
今はそこまで進行していないものの、5年、10年後のあなたの毛髪本数は確実に減っているはずです。

気になったら早めのケアを心掛けるようにしましょう。

男性のイラスト
AGAの原因とされるのはDHT(ジヒドロテストステロン)と言われています。

脱毛している部分には高濃度でDHTが見つかっており、これが髪の生え変わりのサイクルとされる毛周期のうち「成長期」を短くしてしまうと考えられています。

成長期は約3~7年あるとされていますが、この期間が大幅に短くなってしまうことで髪が太く成長する前に抜けてしまうようになります。

また抜けはしないものの、十分に育たないことで細く短いままとなり全体的に薄毛が目立つようになります。

テストステロンなど
原因物質であるDHTは、「5α-還元酵素」と呼ばれる酵素によって生成されます。
その元となるのが、成長ホルモンとも言われる「テストステロン」。

このホルモンは男性の成長を促進させる必須のホルモンであり、筋肉や骨格、性器などを成長させる働きがあります。

これが酵素によって変換され増えてしまうことで、脱毛の症状が現れるようになります。

AGAになったからといって、諦めるのは早いです。
薄毛になっていても、産毛は残っています。

毛穴の中にある「毛包」が残っている限りは、再び髪を成長させることや太く長く育てることはできます。

現代増え続けるAGAに対し、たくさんの効果的な治療薬も誕生しているので、是非そちらも参考にして薄毛の悩みから解放されましょう。

AGA治療に有効なお薬はこちら