AGAの原因になりうる生活習慣には個人差が大きく影響します。自分の生活が良いか悪いかしっかり見極めるようにしましょう!

AGAの原因となりうる生活習慣

シャワーを浴びるふさふさの男
AGAはホルモンが酵素のによって変換されてしまうことで、DHTを生成してしまい脱毛症を引き起こします。

ホルモンと酵素の働きが大きく関係している事からい、一見すると生活習慣は関係の無いようにも思えます。

ですが、生活習慣が乱れてしまうことで抜け毛や薄毛の進行を助長してしまったり、頭皮環境を悪くしてしまう恐れがあります。

そこで、毛髪にとって良くないNGな生活習慣をご紹介。
これを見て「マズい…」と思ったら毛髪に良い生活を心掛けるようにしてください。
不安な顔をする男性


NG習慣その1:食生活
毛髪だってからだの一部です。
しっかりと成長させるためには、食事などから摂取できる栄養素を補給することが大切です。

髪の生成の元となっているのは、18種類のアミノ酸が集まって作られる「ケラチン」というタンパク質になります。

健康な髪を維持するためには、この物質は欠かすことができません。
栄養が偏った食事を続けてしまうと、この物質が不足しがちになります。

また、特に肉類が中心な食生活になりがちな男性は注意が必要です。
動物性の油脂が多い食品は血の巡りを悪くしてしまう事になります。

血流が滞ってしまうと、頭皮まで十分に栄養を行き渡らせることが難しくなってしまうので薄毛の進行を助長してしまいます。

偏食は健康的にも問題となるので、何事もほどほどに。
健康的な朝食


NG習慣その2:飲酒
アルコール量が増えてしまうと、余分に皮脂を分泌させてしまう事があります。
過剰な皮脂分泌は頭皮の毛穴を塞いでしまうことにもなり、髪にとっては決して良い環境とは言えなくなります。

また飲酒によって肝機能が衰え始めてしまうと、肝臓で作られるはずのタンパク質が不足するので発毛あるいは育毛に悪影響を及ぼしてしまいます。
ビールで乾杯


NG習慣その3:喫煙
喫煙の習慣は、慢性的な血管の収縮状態が続いてしまいます。
血行が悪くなってしまうので、栄養が十分に行き渡らなくなります。

健康的にも被害が大きい習慣と言えるので、できることなら髪のためにからだのためにも禁煙することがお勧めです。
喫煙


NG習慣その4:睡眠
人のからだは寝ている間に成長します。
睡眠時に成長ホルモンの分泌が増え、髪も同様に成長していきます。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌が滞ってしまう可能性があります。
つまり、髪の成長を阻害することになります。
健康的な生活習慣が、丈夫で長い毛髪を育みます。
睡眠中の赤ちゃん犬と赤ん坊

上記の4つの項目は個人差がありますのであくまで参考程度になってしまいますが、少しでも自分の生活が良いものではないと感じた場合は少しでも改善しようとする努力が必要になります。

今の時点で薄毛の兆候が見られない場合でも毛根や頭皮には間違いなくダメージが加わっているので、軽視したりせずしっかりと向き合い対策をするようにしましょう。

もし気付いた時に既に薄毛の進行は始まっていた場合はプロペシアやミノキシジルなどを服用し早急に治療を開始するようにしましょう。

AGA治療に有効なお薬はこちら