AGAの原因としては人それぞれでありストレスや遺伝、食生活などが考えられます。どの原因にもお薬による治療が効果的です!

AGAの原因を追究

パソコンにパンチするスキンヘッドの男性
AGAになるには人それぞれ原因はあります。
特に現代のようなストレス社会においては、仕事のストレスや、家庭環境でのストレス、対人関係におけるストレスなど数えきれない程存在します。

さらに、昔から言われている遺伝はもちろん、日々の生活の基盤である食生活なども原因となりえます。

ただし、AGAに関しては男性型脱毛症なので女性には当てはまりません。
ストレスや食生活であれば、生活改善などで根本的な原因を解消する事は可能ですが、遺伝の場合は根本的な原因というのは解消できませんので、しっかりとお薬を服用し改善していく事が必要になります。

AGAの原因となりうる生活習慣についてはこちら

AGA治療に効果的な食事についてはこちら

髭が濃い男性
特徴的な薄毛のなり方で、頭頂部が段々丸くうすくなっていき、そして前髪部分も山形が二つ分の状態で薄くなっていきます。

そしてそのまま放置すると段々つながっていってしまいます。
そして気付けば側頭部と後頭部しか生えてない状態になります。

なぜ、このような進行の仕方をするのかというと、原因は男性ホルモンが深く影響しているとされています。

通常テストステロンと呼ばれる男性ホルモンがあります。
こちらは必ず男性に必要なホルモンなのですが、5a-還元酵素と呼ばれる酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換されます。

ジヒドロテストステロンが毛穴の乳頭細胞などに結びつくことによって髪の毛の成長を妨げてしまいます。
体付きが良い男性

髪の毛には成長するサイクルがあり、毛根から生成されて受け落ちるまでを指し、それをヘアサイクルと呼びます。

通常数年かけて生え変わるものなのですが、薄毛の場合はジヒドロテストステロンにより、ヘアサイクルが数か月になってしまいます。

長い間かけて成長するものが数か月で生え変わってしまいますので、通常コシがありしっかりとした髪の毛が、全くコシのない成長しきれてない細い髪の毛になってしまいます。

髪の毛が細くなると、その部分が薄く見えてしまうのです。
そして、毛穴が休止期になって髪の毛が全く生えてこなくなります。

髪の毛が周期的に変わる
AGAを治療する方法としては、ストレスの場合はストレスの解消と根本的な原因の改善が上げられますが、日常生活においてストレスをすべて解消するのはとても難しいと言えます。

そこで治療薬によって、5a-還元酵素を阻害させる方法が一番現実的で効果があるとされています。

5a-還元酵素が無くなることにより、ジヒドロテストステロンに変換されなくすみます。

治療を続けていくことで、だんだん元のヘアサイクルに戻すことが可能です。
元ヘアサイクルに戻れば、進行を防ぐだけではなく、あきらめていた部分の発毛も期待できます。
若い男性が鏡を見ながらくしをかける

薄毛になってしまったという現実から目を背けてしまう男性というのは決して少なくないです。

中にはもう年だから仕方ないと無理やり自分を納得させようとしてしまう人もいますが、本当にそれで良いのでしょうか?

心のどこかで薄毛を受け入れる事ができていない自分というのも必ずいるはずです。
そんな人には是非参考にして欲しいのですが、AGAは病気です。

放置するとどんどん進行していってしまいます。

つまり、治療の開始が早ければ早い程、薄毛の改善も早いという事です。
薄毛に気付き、悩んでいる時間というのは正直な話、無駄な時間と言えます。

その悩んでいる間にも症状はどんどん進行し悪化しているんです。
薄毛に気付いたら何より早く治療することを考えてください。

現代では専門のクリニックに行かずとも、効果的なお薬をネット通販などで購入する事ができる時代です。
スキンヘッドの男性が頭に手をやり周りを気にする

誰にも気付かれずに薄毛治療をする事ができるので、もし最近毛髪が薄くなったと感じたら是非治療を開始して欲しいです。

そしてフサフサになり、薄毛に悩まされてない自分が鏡に映った時に効果を実感することで、大きな自信へとなる事でしょう。

AGA治療に有効なお薬はこちら